テレカ/テレホンカード 50度(標準柄) 完封100枚(プリペイドカード)の高価買取・換金 

テレカ/テレホンカード 50度(標準柄) 完封100枚(プリペイドカード)の高価買取・換金 

オンラインストア郵送買取 - 金券を売りたい方

テレカ/テレホンカード 50度(標準柄) 完封100枚

テレカ/テレホンカード 50度(標準柄) 完封100枚

Web価格
39,700
買取率
397円/枚

Web価格と店頭価格は異なります

数量
・未使用テレホンカード(50度) 標準柄 100枚

1枚あたり 397円

※画像のデザイン(標準柄)の100枚完封に限ります。

・公衆電話でご利用いただけるプリペイドカードです。
・テレホンカード(未使用品)はNTT固定電話通話料のお支払いにもご利用いただけます。
・オンラインストアと店舗の価格は異なります。ご了承ください。

【テレカ・公衆電話の豆知識】
「日本では1982年(昭和57年)12月に、旧日本電信電話公社(電電公社)が発行・発売を開始した。テレホンカード対応の公衆電話は首都圏から設置が進められ、全国に普及した。

1972年(昭和47年)に、日本国内で百円硬貨の利用できる黄色の公衆電話機が設置され始めたが、百円硬貨が電話機の金庫に収納された場合、釣り銭の返却は行われない構造になっている。当初は釣り銭式電話機の開発も検討されたが、製造・運用コストの増嵩が見込まれ、見送られた。そこで、釣り銭の現金払い出しに代わる手段として、磁気媒体を利用するカード式公衆電話が開発・製造された。

カードなので小銭が不要であり、1度数(10円)単位で引き落とされるため無駄がなく、長時間通話時にも常に硬貨を投入し続ける必要がない。設置者側にとっても、金庫が硬貨で一杯になって機能が停止する事態を避けられる他、硬貨集金の巡回経費を節減できるメリットもあった。

しかし、1990年代半ばから携帯電話が普及したことで公衆電話の利用率が減少したため、テレホンカードの必要性も大きく変化した。また、現在ではNTTにとって、公衆電話事業は不採算事業となってしまっているため、公衆電話の設置箇所・設置台数は年々減少が続いており、小銭不要で電話がかけられるというテレホンカード本来の利便性も薄れつつある。2017年の時点では利用可能のテレホンカードはほぼ販売中止となっており、コレクターズアイテムとしての価値を持っている。

「テレフォンカード」と誤記される事があるが、NTTは「テレホンカード」が正式な表記である。」

【大口売却】

500枚以上ご売却の場合は、お問い合わせくださいませ。

完封とは

画像の柄(標準柄)でビニールで包装されていて未開封の100枚セットのことです。
開封済みのもの・画像の柄以外のものは、通常の50度数の買取価格となります。

他の買取強化商品

ページの上部へ